遺言とは何か

遺言で出来ること

遺言とは、自分の最終の意思表示を遺族に向けて示す最良の方法です。

遺言書がない場合、人の死後には相続人全員が遺産分割協議をして具体的な遺産分割の方法を決めることになります。自分の死後のことがどれ程心配であっても、それはもう残された者に任せるしか方法がありません。

生前は家族の仲が良く何ももめる事はないと思っていても、実際には遺言がないために財産を巡って親類間の関係が悪化したり、中には争いが始まってしまうケースも少なくありません。
家族関係が複雑であったり、遺産の額が大きい場合などは、尚更争いになる可能性が高くなるのが現実です。

そうなった時、あなたはその争いを仲裁することは出来ないのです。

遺言書を書いておくことで、自分の意思に沿った財産の残し方が出来、心配事についても遺族が配慮してくれます。
残される家族や関係者の間の骨肉の争いを避ける為にも、法律に則った正しい形式の遺言書を作成しておくことは、必要不可欠なのです。



Page Top