相続とは何か
相続とは、『ある人が亡くなった瞬間にその者と一定の親族関係にある者が財産上の権利・義務を承継すること』をいいます。簡単にいうと、亡くなった方の財産が相続人に受け継がれることです。

亡くなった方を「被相続人」といい、権利・義務を承継する人を「相続人」,相続人が取得する財産上の権利及び義務のことを「相続財産」といいます。

相続トラブルは一部の資産家の問題だと思っていませんか? 
「相続財産」はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含みます。借金も立派な相続財産です。また、人として生まれた以上(つまり親族関係が存在する以上)、当然に全ての人が相続の場面に直面することになります。

つまり、相続問題は全ての人に起こりうる問題なのです。

自分には関係無い話だと思い込みが、あなたを,もしくはあなたの大切な人を苦しめる結果にもなりかねません。逃げずに正面から向き合い、対処しましょう。

少しでも不安のある方は当事務所にご相談下さい。
じっくりとお話しをお聞きし、円満な解決に向けてのアドバイスとお手伝いをさせて頂きます。



Page Top