相続税の申告

相続税とは

相続税とは、ある人が相続または遺贈により財産を取得した場合に、その財産を譲り受けた者に対してかけられる国税のことです。
相続とは法律で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。

相続税の申告は、相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に行います。

しかし、全ての人が必ず相続税を納めなければいけないわけではありません。何故なら、相続税には基礎控除やその他の特例があるためです。

遺産の評価額が基礎控除の金額以下であれば相続税はかからず、税務署に対する申告も必要ありません。また、評価額が基礎控除を超える場合でも、申告をする事によって使える税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地の評価減など)により、相続税がかからないケースもあります。
  ★基礎控除=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

実際には、相続税の納税義務のある人は相続発生件数の内の約5%と少なく、一般家庭では該当することはほとんどありません。



Page Top