3種の相続方法
単純承認
最も一般的な相続方法で、被相続人の財産の全てを相続する方法です。

注意点は、被相続人にマイナスの財産がある場合には、その借金を相続財産の中から優先的に債権者に支払う必要があり、借金の方が多ければ相続人は自腹をきって払わなければならない点です。 

特別な手続をする必要は無く、相続開始後3ヶ月以内に他の手続(相続放棄・限定承認の手続き)をとらなければ、自動的に単純承認をしたものとみなされます。

単純承認は、各相続人が単独で出来ます。


相続放棄

被相続人の財産を放棄し一切の財産を相続しない方法です。マイナスの財産の方が多い場合には、この方法を取るのがいいでしょう。

注意点は、相続放棄をすると最初から相続人でなかった事になるため、代襲相続は起こらない点です。また、相続放棄した場合は相続権は他の相続人に移動する為、下手をすると「借金のたらい回し」になりかねません。場合によっては相続人になる全ての者が相続放棄をする必要があります。

手続きは、相続開始を知った日より3ヶ月以内家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して行います。

相続放棄は、各相続人が単独で出来ます。


限定承認

相続で得た財産の範囲内で借金を返済するという条件で相続をする方法です。プラスの財産が多いのか、マイナスの財産が多いのかが分からないような時に有効な相続方法です。

仮に財産を清算した結果借金の方が多かった場合でも、相続人は不足分を支払う必要はありません。逆に、借金を返済して財産の方が多ければ、差し引いた財産については取得出来ます。

手続きは、相続開始を知った日より3ヶ月以内家庭裁判所に「限定承認申述書」を提出して行います。

限定承認は、相続人全員でする必要があります。


【補足】限定承認について

限定承認は一見メリットがあるように思われますが、手続きがとても複雑で手間と時間が掛かります。又、手続き上の不備で債権者に損害を与えた場合は賠償責任が生じます。
このため、実際は限定承認が使われることは非常に少なく、単純承認もしくは相続放棄のどちらかが選択されているのが大半です。


注意点

  • 上記の相続方法は、一度選択すると原則変更出来ません。
  • 相続開始前の相続放棄は無効です。
  • 3ヶ月以内であっても、財産の処分や一部の消費,あるいは隠した場合などは単純承認したものとみなされます。



Page Top