遺言書が欲しいケース
相続が発生した場合、遺言書があれば原則として相続人はそれに従うことになります。遺言書が無ければ相続人間の話し合いにより全て決められることになります。

この話し合いの過程で、財産を巡っての争いやもめごとが起こることも少なくありません。
特に、下記にあげるようなケースでは、争いを未然に防ぐためにも遺言書を作成しておく必要があるでしょう。

遺言書が欲しいケース

  • 子供のいない夫婦
  • 相続人が全くいない
  • 相続人間に争いが生じる可能性がある
  • 相続人の中に素行の悪い者がいる
  • 農業や個人事業を経営している
  • 内縁の妻がいる
  • 息子の妻に介護の世話になっている
  • 先妻の子供と後妻がいる
  • 孫に遺産の一部をやりたい
  • 未認知の子供を認知したい  など



Page Top