審判離婚
調停の話し合いにより離婚したほうが夫婦双方の利益になると考えられる場合でも、わずかな意見の相違や対立により成立する見込みがない場合、家庭裁判所の権限によって調停に代わる審判を下し、離婚を成立することができます。 この方法を『審判離婚』といいます。

審判離婚は、2週間以内に当事者から異議の申し立てがあると効力を失いますが、意義の申し立てがないと審判は確定し審判離婚が成立します。
しかし審判離婚になるケースはごく僅かで、調停に附随した制度といえます。



Page Top