夫婦関係の修復
相手方より離婚を切り出されても一方が離婚したくない場合は、まずは当事者で話し合うことが大切です。
最も、なかなか話し合う機会が持てなかったり、当事者間では冷静な話ができない場合も多々あります。そのような場合には家庭裁判所に調停の申し立てをするのもひとつの方法です。

調停には、離婚に向けての調停だけではなく、夫婦関係の修復を目的として話を進めていく『夫婦関係円満調整』という調停もあります。

この調停は、当事者双方から事情を聞き、問題(飲酒癖,不倫癖など)のある相手方への働き掛けをする形で進められます。その結果、相手方との間にその行動を改めるとの合意ができた場合には、その合意が調停調書に記載されます。

公平な第三者である調停委員が間に入ることで話し合いが上手くいき、実際に和解してやり直す夫婦も少なくないのは事実です。
話し合いがすすまない時など、何らかの現状打破をしたい場合には、この『夫婦関係円満調整』を利用するのもひとつの手だと思われます。



Page Top