戸籍と姓

あなた

離婚後の戸籍と姓の選択には、3通りの方法があります。
  • 離婚前の戸籍と姓に戻る
  • 婚姻前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
  • 離婚後も婚姻中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

原則的には、婚姻に際し姓を変更した方の姓はもとの姓(婚姻前の姓)に戻ります。
離婚後も婚姻中の姓を継続して称する場合は、離婚成立後3ヶ月以内に役所に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出す必要があります。3ヶ月を過ぎた場合は家庭裁判所に「氏の変更許可の申し立て」を行い、姓を変更する許可が必要となります。


子供

子供の戸籍と姓は離婚前と同じです。両親の離婚による影響を受けません。

離婚により、子供の戸籍と姓が一緒に暮らす親のものと異なる場合、社会的に不都合を感じることが多々あると思われます。その場合、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申立て」をすることにより、子供の戸籍と姓を変更することが出来ます。

申立人は子供が15歳以上であれば子供本人,15歳未満であれば法定代理人(親権者)がなります。
家庭裁判所でこの申立に対する許可が出たあとで、役所に子供の戸籍をあなたの戸籍に移す手続き(入籍届)をします。



Page Top