別居と婚姻費用
夫婦が生活を送っていく上で必要なお金のことを、婚姻費用といいます。

夫婦は、例え別居中であっても婚姻関係が継続している間は、相手の生活を維持するため金銭の援助を行わなければなりません。
民法の規定により、夫婦は相手方が自分と同じレベルの生活を続けていけるように扶養するという「生活保持義務」が設けられているためです。

この婚姻費用の額,支払い方法は、まず夫婦の話し合いで決めます。
婚姻費用の額が決まったら、口約束だけでは終わらせずに必ず書面で残しておくようにします。公正証書にしておく方が無難です。

また、相手方がどうしても支払いに応じない場合は、婚姻費用分担請求の調停の申し立てを行い請求出来ます。



Page Top