離婚協議書と公正証書

離婚協議書

協議離婚をするなら夫婦で取決めた内容を必ず「離婚協議書」として書面に残しましょう!
相手をどんなに信用していても、口約束だけで済ませてはいけません。実際には、いったん離婚してしまえば約束を守らないことが多くあります。口約束だけだと約束を証明することは非常に困難です。

単なる離婚協議書には、公正証書のように強制執行ができる効力はありませんが、将来養育費など金銭の請求を求める調停をおこす場合、この協議書が有力な証拠となります。

離婚協議書の作成には特に決まった書式などはありません。より専門的で効果的な離婚協議書を作成したいときは是非ご相談下さい。


公正証書

公正証書とは、法務大臣から任命を受けた公証人という書面作成の専門家に作成してもらった文書のことです。公正証書には裁判判決と同等の効力が認められます。

よって、離婚時の金銭の取り決めに関して、離婚協議書強制執行認諾文言付きの公正証書として作成しておけば、支払いが滞ったときに裁判を起こさなくても法的に相手の給料を差し押さえる,つまり強制執行ができるようになります。


一番有効な方法とは

離婚時に、取決め事項は「口約束よりも離婚協議書」「単なる離婚協議書よりも公正証書(強制執行認諾文言付き)」にしておきましょう。
当事務所では、御依頼主との面談や打合せ,更に公証人との打合せを重ね、より有効な離婚協議書公正証書の作成をお手伝い致します。



Page Top