内縁関係

内縁関係とは

内縁関係」というのは、結婚の意志が双方にあり、夫婦同然の生活をしている男女関係をいいます。「同棲」とは夫婦同然でも結婚する意志がない場合を言います。

結婚していない内縁,同棲では、法律の保護をうけることは原則として出来ません。
但し「内縁関係」については、婚姻に準じる関係として一定の法的保護が与えられています。夫婦の貞操義務、同居義務、協力義務、扶助義務、婚姻費用分担義務などの規定が適用されます。

よって、内縁の妻でも内縁関係を不当に破棄した相手に対して慰謝料の請求が認められています。財産分与についても、損害を補填するという理由で、請求が認められます。子供がいれば認知をしてもらった上で当然、養育費も請求できます。話しがもめた場合、法律婚と同じように調停の申立ても行うことが出来ます。

内縁関係はあくまで法的な婚姻関係ではありませんので、相続に関しては内縁の妻(夫)は法律婚と同様の権利はありません。子供は認知されている場合のみ遺産を相続出来ます。



Page Top